トリアの痛みはどのくらいあるの?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛というのは痛みの質が違います。脱毛器のケノンが1番人気ですが。
数多くのフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器を使用してきた方であれば、ある程度の違いは分かっていると思います。

フラッシュ脱毛器の痛みというのは、皮膚の表面的な熱みであったり、それに伴う痛みになっています。、
照射前に冷却することで、かなりの痛みを軽減できますので安心してください。
しかし、レーザー脱毛器による痛みというのはフラッシュ脱毛器とは異なります。

毛根が直にダメージを受けているような痛みです。
肌の奥が熱く、痛みが強いというものです。

そのため、保冷剤で冷却するのが欠かせません。
痛みが激減して、ほぼ無痛になるフラッシュ脱毛とは異なり、レーザー脱毛の場合、保冷剤で冷却しても、痛みは和らぎますがフラッシュ脱毛よりも痛みはひきにくいです。

トリアはいたい

トリアは非常に痛みが強いです。
人によっては、この痛みがかなり辛いかもしれません。
私自身もトリアの脱毛検証を継続できない人もいるのですが、それはこの痛みが深く関係しています。

トリアは脱毛効果が高いですので、できるだけ使い続けたいものです。
レーザー脱毛の痛みを軽減する方法を理解しておきましょう。
そんな脱毛時の痛みの強いレーザー脱毛器による痛みを緩和する方法をご紹介します。

冷やすというのももちろん可能ですが、実は必ずしもそうではありません。
この方法では、エムラクリームやラクサールクリームと呼ばれる麻酔成分を配合している皮膚外用剤を塗布します。

人によっては、クリームが肌に合わないなどもありますし、麻酔効果にも個人差があります。
かならずパッチテストを行った上で自己責任の上で使用するようにしましょう。

このクリームには有効成分であるリドカインやプリロカインにアレルギーを持っている人もいます。
局所麻酔薬アレルギーを持っている人は使用してはいけません。

トリアを使用することで、効率よく脱毛をすることができます。
高い脱毛器がありますので、自宅で手軽に脱毛をしたい方には最適です。

しかし、痛みがあればどうしても使用するのが辛くなってしまいます。
できるだけ脱毛による痛みを軽減したいと思われるのであれば、トリアを使用した脱毛方法での痛みを軽減できるように工夫するのも重要です。

せっかく脱毛をしても、それがストレスになってどうしても辛いというのでは意味がないですので、その点についてしっかりと理解しておくようにしてください。

コメント